TOP> 製品情報> WDS-AU(AUTO2))

製品情報 ソリューション デモ依頼等お問い合わせはこちらから

AirGRID WD型WDS-AU(AUTO2)

AirGrid WDシリーズで収集した稼働情報や時間の情報を集約!
パートナ製品との連携により、設備情報を様々な視点で可視化!

WDS-AUTO2(Ver.2)は、
AirGrid WDシリーズの収集データを統合管理し、
これらデータをCSVファイルとして自動出力が可能!!

WDS-AUTO2の役割

WDS-AUTO2(Ver.2.0)は、WDT型送信機から送られる情報(送信機を特定するID、色情報等)をタイムスタンプと共に 都度、指定したディレクトリ(フォルダ)にCSV形式のログファイルとして格納します。
生産管理システム等の生産情報を統合管理するソフトウェアから、このログファイルにアクセスする事で、 ガントチャートや、アンドンシステム、日報・月報作成ツール等と、容易に連携を行えるアプリケーションです。

WDS-AUTO2の役割

※ WD-Z2型が動作する環境は、WDS-AUTO2 Ver.2.0以降となります。
※ 旧モデルのWD型をご利用中のお客様が、WD-Z2型を共用する場合、WDS-AUTO2 Ver.2.0以降に更新が必要です。
※ WDS-AUTO2は、試用ソフトの為、すべての環境においての動作を保証するものではございません。

1.WDシリーズとWDZ2シリーズを混在して使用できます。
WDシリーズとWDZ2シリーズを混在して使用できrるイメージ図
  • WDシリーズとWD-Z2シリーズは、無線規格が異なるため、送受信機を相互接続して使用することはできません。
  • パソコンへのデータは、WDシリーズとWD-Z2シリーズが互換プロトコルのため、一括管理が可能です。

推奨動作環境

※WDS-AUTO2はお客様登録後にダウンロードしてご利用いただけます。