TOP> 製品情報> エアグリッド WD-Z2型>導入事例

製品情報 ソリューション デモ依頼等お問い合わせはこちらから

製品情報 ワイヤレス・データ通信システムWD-Z2型

導入事例

導入例1 = 大手自動車部品製造工場様

課題

現場には多くの加工機が存在しており、不況の影響から現場のオペレーターが減員。
設備の異常時にはオペレーターが構内PHSで保全部署へ連絡する方式を取っていたが人員減により発見→連絡→修正までに時間がかってしまう。
効率化したいが予算は多く取れない。

導入例01イメージ
導入後

あらかじめ設備に搭載されていた表示灯にAirGRIDをアドオンしたことで大掛かりな設備投資をすることなく自動的に異常信号を保全詰所に連絡する仕組みが構築できた。
機械の既存信号を流用しているのでミスも無く、異常時にブザー付き表示灯が動作し、パソコンの画面で異常個所が分かり復旧作業レスポンスも実測値で倍以上向上した。

導入例2 = 大手自動車製造工場様

課題

工場集約にあたり、多数の工作機械を中心に設備移設となる。
既存工場には、部品加工から組立と一貫工程を備えているものの工場稼動も古く、ホスト側での一元管理がなされていない機械が存在する。
そうした中での設備移管で、更なる現場の効率ダウンが懸念されていたが一元管理を行なうにもコストが莫大となり対応に苦慮していた。

導入例02イメージ
導入後

同社にて標準採用されていた表示灯がφ60のLMEシリーズであった事で、AirGRIDをアドオンすることで、これまで孤立していた設備に対する遠隔管理より無駄を排除することができた。
又、表示灯情報をCSVファイルでデータ収集できる事を活用し、自社生産管理システムとリンクさせローコストでより効率的なライン管理につながった。