TOP> ソリューション> ソリューション提案事例1

製品情報 ソリューション デモ依頼等お問い合わせはこちらから

稼働データ収集分析ソリューション

WDシリーズによる設備稼動情報の収集 設備稼働データ収集の自動化ガントチャート表示・集計・分析!

システム概要図

設備稼働監視システム

お客様の課題

  • 手書き日報のデータ入力や分析、資料作成等が手間になっている。
  • 稼働率の実態や生産性の分析手法がわからないので、個人能力任せの運用になっている。
  • 作業員への指導や教育で改善を狙っているが、改善効果を数値化できない為、客観的な改善の分析・評価が行えていない。
  • 夜間や休日の自動稼働時間が把握できない。
  • 設備情報の一元化管理は、設備の新旧やメーカーの違いなどもあり、不可能だと思っている。
  • 設備のレイアウト変更も多く、ワイヤードなシステムは採用できない。
↓

導入効果

  • 設備稼働情報を常に自動収集できるので、手入力作業の低減と、分析データの抽出が容易になり、効率アップが見込めます。
  • 情報収集の分析から工程のボトルネックを発見し、設備工程の改善が行えます。
  • 数値化された分析結果から作業員の具体的な改善教育が実施でき、生産性の向上が図れます。
  • チョコ停傾向を把握してドカ停予防策を講じ、生産性の低下を未然に予防します。
  • 既存設備への無線機アドオン(※1)と、受信機の設置によりワイヤレスシステムの構築が可能です。
  • 設備から受信機間はワイヤレスの為、レイアウト変更も可能です。(※2)

※1対象の表示灯が装着されていない場合、表示灯や配線の交換が必要です。
※2電波の状況により送・受信機レイアウトやチャンネル等の調整は必要です。

ワイヤレスの特性を活かして設備稼働の情報を収集、分析する事で作業員に負担のない改善効果が期待できます!!

使用製品

ワイヤレス・データ通信システムAirGRID 信号灯専用送信機WDT型 設置型受信機WDR型

※様々な情報の収集・管理・分析には製品連携パートナーより提供されるソフトウェア及びハードウェアが必要です。