TOP> ソリューション> ソリューション提案事例4

製品情報 ソリューション デモ依頼等お問い合わせはこちらから

累積稼働時間の見える化ソリューション

WDシリーズによる設備稼動時間の収集 設備毎の累積稼動時間の集計保守計画の最適化!

システム概要図

おおまかな期間ではなく実際の累積データで管理する事で
メンテナンスの無駄やモレを改善!

お客様の課題

  • 設備の累積稼働時間管理が行えていないので、 日単位のメンテナンスを行っている。
  • 累積稼働時間管理を行っていないので、交換必要のない部品を交換してしまう。
  • メンテナンス期限を忘れてドカ停が発生した。
  • 消耗部品の交換を忘れ、製造品の品質低下が発生した。
↓

導入効果

  • 設備の情報から累積稼働時間を算出して、設備に応じた適正なメンテナンスを実施する事ができ、ムダを省くことができます。
  • 正確な累積稼働時間の管理によって保守メンテナンスを適切に行い、設備停止による生産性の低下を予防します。
  • 設備ごとのメンテナンス時間の基準を決めることができるので、設備担当の引継ぎの負担などを軽減することができます。
設備の累積稼働時間を算出・管理する事で、不必要な部品交換やそれに伴う設備の停止、不良品の発生を抑制する事ができます!

使用製品

ワイヤレス・データ通信システムAirGRID 信号灯専用送信機WDT型 設置型受信機WDR型

※様々な情報の収集・管理・分析には製品連携パートナーより提供されるソフトウェア及びハードウェアが必要です。